会長挨拶

第72回日本皮膚科学会西部支部学術大会
会長 佐山 浩二(愛媛大学大学院医学系研究科皮膚科学 教授)

この度、第72回日本皮膚科学会西部支部学術大会を2020年10月23, 24日の両日、愛媛県において開催させて頂くことになり、大変光栄に存じております。前回愛媛県で西部支部大会が開催されたのが、2003年10月の第55回大会(橋本公二会長)以来となり、17年ぶりの開催となります。

今回の学術大会ではマイクロバイオームに関連した特別講演、シンポジウムを計画中です。また、幅広く情報交換できるように薬剤性皮膚障害、皮膚病理、水疱症、膠原病などの分野でもシンポジウム、教育講演を計画しているところです。

学会場は道後温泉から歩いて10分ほどのところにある愛媛県県民文化会館に設定させて頂きました。学術集会後はANAクラウンプラザホテルに移動して頂き、懇親会を開催予定です。学会場への移動には市内電車を使い自由に乗降できるように準備する予定です。

四国は現在3本のルートで本州と繋がっていますが、唯一自転車・歩行者が渡れるのは愛媛県の今治と広島県の尾道を結ぶ通称「しまなみ海道」です。6つの島が7つの橋で繋がっており、「サイクリストの聖地」とも呼ばれています。本学会のテーマ写真はこのしまなみ海道をイメージしたものです。

それでは、多数の先生方の参加をお待ち申しあげております。